あなたの樹木葬にふさわしい式場一覧

取扱い霊園数、日本最大級のお墓ポータルサイト。
@全国7,803 件以上の霊園・墓地を掲載。
A一度に最大 30 件まで資料請求可能。
B最大13,000円分のギフトカードプレゼント。
Bサービスを運営する「鎌倉新書」は一部上場企業。

 

石材店や霊園の仲介者という立ち位置なので、
お客様が直接聞きづらいことやトラブルあった際は間に入って対応しくれます。
全国 7,803件以上の霊園・墓地掲載数と、年間5万件以上、累計15万件以上の相談数はともに業界トップ

 

 

 

1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています

 

 

業界最安水準の葬儀プランを提供。
全国の葬儀場を選べます。

 

葬儀・お葬式と葬儀社選びは【いい葬儀】

日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」は
1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

全国、24時間、365日葬儀の専門家に相談が出来る!【葬儀レビ】

・24時間葬儀の専門家に相談が出来る
・無料で最大5社の見積もりを取り寄せることができる
・全国どこでも365日対応可能
・葬儀に関する豊富なコンテンツ

 

 

樹木葬とは?

テレビで市原悦子さんが取り上げたことで認知度が上がった「樹木葬(じゅもくそう)」。
樹木葬とは一体どんなお墓なのか、普通のお墓とはどう違うのか。
解説していきたいと思います。
■特徴1/樹木をシンボルとしたお墓
墓石ではなく樹木や草花を墓標とした葬送です。
“最期は、自然に還りたい―”
自然の中で土に還りたいと願う自然志向の方々から選ばれています。
自然を愛し自然への帰還を願う想い。死後は緑に囲まれながらゆったりと過ごせる時間。
―そんな故人の想いを叶えるお墓「樹木葬」。
「お墓を建てない」「お墓の継承もいらない」自然の中のお墓が人気の理由です。
樹木墓や樹林葬とも呼ばれる「自然葬」の一種。
樹木葬とは、墓石の代わりに樹木をシンボルとする今の時代に合った新しいお墓のスタイルです。
桜や紅葉、ハナミズキなどのシンボルツリーの周りに遺骨が埋葬されます。
樹木葬と一口に言ってもそのスタイルは様々で、樹木ではなく草花や芝生で彩られたガーデン風のものなどもあります。
■特徴2/継承を必要としない個人供養
樹木葬は基本的に、後継ぎを必要としない永代供養(えいだいくよう)です。
宗教にしばられず継承者もいらず、宗教や宗派に関わらず、どなたでもお申し込みできます。
お一人様や、ご夫婦などで利用するケースがほとんどです。
樹木葬は基本的に一代限りの個人墓の形であるため、次の世代に負担をかける心配がありません。
お墓の管理はお寺で行ってくれるので、跡継ぎがいない方でも管理の心配がありません。
■特徴3/安価な供養方法
樹木葬は、コンパクトでシンプルなかたちのお墓です。
墓石を建てるお墓よりも安いお墓です。
ご遺骨を埋葬するだけの小さなスペースで済むため、一般的なお墓よりも費用が安く抑えられます。
霊園の敷地や里山内の自然にある樹木や草花の下に遺骨を埋葬します。
必要な費用を支払うのは最初のみ。
その後は、毎年の管理費などを払う必要は一切ありません。
また、樹木葬では、墓石を建てないので、単純にこの分の金額は抑えることができます。
これらの特徴が、現代社会に生きる人々のお墓に対するニーズとマッチしているため、大きな注目を集めているのです。
■話題を集めている樹木葬
樹木葬はまだ歴史の浅い供養スタイルですが、公共・民間を問わず続々と整備が進んでおり、急速な広がりを見せています。
日本初の樹木葬は、1999年に岩手県の寺院 大慈山祥雲寺(現:長倉山 知勝院)によって栗駒山山麓につくられたのが始まりで、ご遺骨のそばに低木類の樹木を植えていき、里山の緑化再生を兼ねたものでした。
現在、各地で広まっている樹木葬は、墓標となる樹木(シンボルツリー)を1本植えて、その周囲にご遺骨を埋葬するスタイルがほとんどです。