ペットと一緒に樹木葬をしたいあなたへ

本サイトでは、ペットと一緒に樹木葬をしたい方向けに情報を発信していきたいと思います。

 

一般的に「樹木葬」というのは墓石ではなく樹木や草花を墓標としたものですが、
そこに愛するペットと一緒に入りたいという私個人の希望もあり、
自分で情報を集めているうちに自分だけではなく、周りにも公開しようと思い、
このサイトを立ち上げました。

 

というわけで、まずは樹木葬をやってくれる霊園を探し、
さらにそれらの中でペットと一緒に埋葬してもらうことが可能な所を探していきます。
その中でペットと一緒には埋葬できないなどの問題点も出てくると思います。
それではなぜダメなのか、どんな理由で、どんな条件であれば可能なのかなど
気を付けたい点などを紹介していければと思います。

 

 

ペットと一緒に樹木葬をしたい人はいるの?

まずはペットと一緒に樹木葬をしたい人が実際にいるのかに関してですが、
結構増えてきています。

 

それは、家族が少なくなり、核家族化が進む中、ペットを大切な家族の一員と考える方が多くなってきているからです。
現在多くの飼い主がペットに求めているものは、
「ペットと触れ合うことで得られる癒やし」
「精神的な安定や寂しさの解消」
「自分以外の家族がほしい」
こんな感じじゃないでしょうか。

 

また私の家でもそうですが、犬を家の中で飼っています。
ある調査によれば、90%の犬猫は室内で飼育されているともいわれています。
多くの犬が外飼いされていた頃と比べると、ペットをより身近な存在としてとらえている飼い主が多くなっていると思います。

 

ペットが身近な存在となっている今日では、
「ペットは大切な家族」という価値観が当たり前のものとなってきました。
家庭によっては、飼い主は、ペットを実の子どものように可愛がっています。
そんな時代の流れの中で、「ペットも同じお墓に入りたい」と考える人も増えきています。

 

⇒ ペットと一緒に樹木葬できるところは?

 

ペットと一緒にお墓に入れる?

 

「動物をお墓に入れるのは邪道」という考え方が今でも根強く残っています。
小さな動物であれば、自宅のお庭に埋葬して供養するということもできますが、
ただ、犬や猫など比較的大型のペットとなるとペット霊園など専用の区画や納骨堂が必要になります。

 

その際は、お寺の墓地に入る場合、お寺は仏教ですので、仏教上の観念からNGとなります。住職が一緒に埋葬してもいいよと言っても、お寺のお金の元の檀家達から反対されればダメです。
ですので宗教・宗派不問の霊園で、人間のお墓にペットの埋葬を許可してくれるところを探した方が早いと思います。
少し前までは、人間とペットが一緒に入れるお墓を用意しているのはペット霊園のみでしたが、最近では、比較的新しい霊園はペットと一緒に入れるお墓を設けているところが多いようです。

 

ただし、ペット霊園についてトラブルも多発しています。
例えば、ペット霊園が突然閉鎖してペットの遺骨が回収できなくなったりなどです。
人間が入るお墓に関してはしっかりとした法律がありますが、
法律の整備が不十分であるがために悪質なペット霊園業者も多く存在するのが現状です。

 

⇒ ペットの埋葬費用はいくら?

 

ペットと一緒に樹木葬とは?

 

樹木葬は近年注目を集めている供養方法で、自然の中に遺骨を埋葬します。
桜や紅葉、ハナミズキなどのシンボルツリーの周りに遺骨が埋葬されます。

 

樹木葬と一口に言ってもそのスタイルは様々で、樹木ではなく草花や芝生で彩られたガーデン風のものなどもあります。
亡くなった後に自然に還ることができるという考え方から人気を集めた樹木葬ですが、ペットと一緒に入れる形態の樹木葬では、2パターンあります。

 

1つは人間とペットが同じお墓に入れるというもの、そしてもう1つはペット用に別個にお墓が設けられているものです。

 

大切なペットが亡くなったときに戸惑ってしまわないように、どのように弔うべきか今のうちから少しずつ一緒に考えていきましょう。

 

⇒ 教えて!樹木葬のホントのところ【よくあるQ&A】